大高駅。 明治十九年(1886年)三月一日、官営の鉄道駅として武豊線(武豊‐熱田間)の開通と同時に大高駅が開業。熱田駅とともに名古屋市内で最も古い駅たなりました。 その後、東京‐京都間の鉄道ルートに大府駅で接続され大高駅は東海道線の駅になった。 平成二十一年