おだまき蒸し
おだまき蒸し。
おだまき蒸しとは、うどんの入った茶わん蒸しです。
先日購入した圧力鍋を早速活用しました。
だし汁に溶き玉子3個分の卵液、うどん1玉を丼にいれます。
うどんが入るので卵液は茶わん蒸しよりも少し濃いめの味付けにします。
以前にも当ブログで記事にしてました。
おだまき蒸し 求夢洞
クリックしたら以前の記事が読めますよ。
具は、鶏肉、銀杏、みつ葉、椎茸、カマボコ、エビ、などをトッピングしました。
圧力鍋で数分加圧後、火を止めて余熱で蒸らします。
圧力鍋を使うと、短時間で調理できて良いですね。

蓋を開けて問題が発生!
丼と鍋の間隙が10mm足らず。
丼を鍋に入れる時は素手で入れたのですが、取り出す段になると、熱々で素手で触れない。
鍋つかみのミトンをだしたのですが、今度は、ミトンの厚みで隙間に指が入らない…。
結局、鍋ごと食卓に運んでいただきました。
次回はもう少し小さい丼を使うか、どうにか取り出せる工夫を考えないとですね。

↓ブログランキングに参加中!
↓一日一回クリックしてくださいな♪
↓励みになりますので是非お願いします。
ブログランキング
↓こちらも、一日一回クリックよろしくね。
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
blogram投票ボタン