大生学区稲荷社
大生学区稲荷社を訪れました。
鎮座地は名古屋市南区東又兵衛町四丁目。
境内案内板より転記します。
大生学区の前身はそもそも又兵衛新田と称しました。正徳5年(1716年)笠寺村の住民でありました加藤又兵衛氏と当地の住民たちのなかで開拓されました。
然し、当時の笠寺村の水田は毎年水害を受けて、全く苦悩の底辺にありました。
かかる住民の苦しみが一つの悲願となり加藤又兵衛勝貞氏は神の加護を念じ、やがて京都伏見より稲荷大社の御分霊を祭祀し、稲荷神社創建の成就に至ったのであります。
以上、境内案内板からの転記でした。
狛犬さん。阿
狛犬さん。阿。
狛犬さん。吽
狛犬さん。吽。
お稲荷さん
お稲荷さん。
お稲荷さん
お稲荷さん。こちらは巻物を咥えてらっしゃる。
手水舎
手水舎。
本殿
本殿。
献燈
献燈。
献燈
献燈。

↓ブログランキングに参加中!
↓一日一回クリックしてくださいな♪
↓励みになりますので是非お願いします。
ブログランキング

↓こちらも、一日一回クリックよろしくね。
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへblogram投票ボタン

*****お店の場所・情報*****
名鉄常滑線、大江駅より東へ直線距離で約640メートルです。
参拝者用駐車スペース有り。
*****データ*****
名:大生学区稲荷社
鎮座地:名古屋市南区東又兵衛町四丁目
例大祭:十月第二日曜日
境内地:120坪
御祭神:
宇迦之魂大神(うかのみたまのおおかみ)

大宮能売大神(おおみやのめのおおかみ)
佐田彦大神(さたひこのおおかみ)
四大神(しのおのおおかみ)
田中大神(たなかのおおかみ)
創建 正徳五年(1716年)

※レポートは訪問時の内容です。
※現状と違う点があるかも知れません。0
※お出かけ前にご自分でご確認をお願いします。