段ボール箱を利用して自家製の燻製作り第二弾です。
段ボール箱を利用して自家製の燻製 求夢洞
クリックしたら第一弾の記事が読めますよ。
前回の段ボール箱は捨ててしまったので段ボール燻製器は再製作しました。
(次回の燻製作りの為にしばらく置いてあったのですが部屋から煙の臭いが抜けなかったので…。良く考えたらベランダなどの屋外に出しとけばよかったのに…。)
針金ハンガー
針金ハンガー。
前回は竹串を段ボール箱に刺して網を固定したのですが、今回は針金での固定にグレードアップ。
針金ハンガーを真直ぐに伸ばして、表面のビニールの被膜を綺麗に剥きとります。
網の固定
網の固定。
食材を乗せる網を固定しました。
網は前回の再利用。
固定と言っても針金の上にのせてあるだけです。
スモークチップ
スモークチップ。
ナラとサクラのチップを用意しました。
ナラは色つきが早いという特徴。
サクラは香りが強いという特徴があるそうです。
今回は半分半分でブレンドして使用しました。
前回はスモークウッドという熱源不要のを使用したのですが、今回のは燻すための熱源が必要です。
電熱器を熱源
電熱器を熱源にしました。
電熱器の上のは玉子焼き器。
テフロンが傷んでいた玉子焼き器を燻製用に再利用。
玉子焼き器の柄は段ボール箱の蓋が閉まらなくなるので外してます。
玉子焼き器にスモークチップを適量入れて電熱器の電源をスイッチオン!
しばらくするとスモークチップから煙が出てきますので、電熱器の出力を弱にして網に食材を並べて段ボール箱の蓋をしめます。
空気が流れるように段ボール箱の蓋の上と下に少しだけ隙間を空けた方が良いようです。
途中煙の出が悪くなったので覗いてみると、スモークチップが燃え尽きていたので追加投入しました。
段ボール箱への引火が怖いので付きっきりです。
(テレビを見ながら・ネットをしながら・の、ながら作業ですが。)
細巻
細巻。
スーパーマーケットで購入した細巻をつまみながら燻されるのを待ちました。
煙の量を調節するために電熱器の電源を切ったり入れたり、スモークチップを追加したりで2時間ほど待ちました。
燻製の完成
燻製の完成。
食材は、左上から時計回りに、
・鶏ささみ(燻製前にレンジでチンした物)
・ゆで卵
・チーズイン竹輪
・チーズ
です。
味を落ち着けるためにしばらく風に当てた方が良いようなのですが、そんなの待てるわけないですやん。笑
あっと言う間に食べてしまいましたよ。

どうも前回よりも温度が上がっていたようで、チーズが溶け気味です。
燻製用の温度計が必要かも知れませんな。

引火の心配のない金属で燻製器を作り、サーモスタットで電熱器の温度を制御すれば付きっきりの必要もなく毎回同じ味の燻製が作れるかも…。
あいや、不用品の寄せ集めで作るから面白いんだよね。少々失敗しても自分で全部やった方が絶対美味いって!

↓ブログランキングに参加中!
↓一日一回クリックしてくださいな♪
↓励みになりますので是非お願いします。
ブログランキング

↓こちらも、一日一回クリックよろしくね。
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへblogram投票ボタン