ガスを使い切った
ガスを使い切った使い捨てライター。
そのまま捨ててもし万が一中にガスが残っていて、ゴミ収集車の中で燃え始めるとえらいことなんで、中のガスタンクを破壊してから捨てることにしました。
中のガスタンク
中のガスタンク。
分解してライター中のガスタンクを取り出しました。
ガスタンクに液化ガスは一滴も残ってなく、杞憂でした…。
よく見ると、このガスタンクに注入バルブがついてますよ。
(画面右側です。画面左がガスが噴出する所。)
なんだ、使い捨てとちゃうやん。
仮組み
仮組みしてみました。
このまま組み立てちゃうと注入バルブが隠れてしまいガスを注入できません。
注入するたびにここまで部品をずらせば良いのですが。
しかし何でこういう構造なんじゃろう…。
使い捨て前提なら注入バルブは不要な訳だし、注入バルブ付けるんなら外装に穴を開けて成型すれば良い訳だし…。謎ですな。
マーキング
マーキング。
穴を開ける場所にマジックで目印を付けて、カッターナイフでコリコリ…。
開通
開通しました。
これで分解しなくてもガスが注入できます。♪
ガスを注入して
ガスを注入して点火。
このライター、仏さんのローソクに点火するのに便利なんじゃ。

※真似をする場合は火傷や火災などにご注意。自己責任でお願いしますね。