もしものときに非常用メガネセット
もしものときに非常用メガネセットを購入しました。
愛眼株式会社の商品です。
…*…*…
パッケージには、
災害時に!防災セットにいっしょに保管
緊急時に!急な紛失・破損時の予備用
トラベルに!旅行先や温泉などに
壊れにくい!曇りにくい!熱に強い!
等の記載がありました。
…*…*…
内容
内容は、
・簡易メガネ
・メガネケース
・メガネ拭き
・防寒ブランケット
・絆創膏
・マスク
です。
簡易なメガネで度数は、5段階から選びます。
わしの度に一番近いのを店員さんに選んでいただきました。
5段階しかないんで大体近い度数です。カメラに付ける視度補正レンズを選ぶ時ときとおなじですね。

乱視などは補正されないので、しっかりとは見えませんが、万が一、今かけてるメガネと予備に持ち歩いてるメガネの両方が壊れた時に備えておく用品なのでそこそこ見えればOKでしょう。
(このメガネをかけて視力測ってもらいました。眼を細めて両目の視力が0.7ギリギリでした。眼鏡要になってる運転免許に必要な視力の範囲内なんで、このメガネで運転しても大丈夫なはずです。(遠いところがぼやけてるんでこんなメガネで運転するのは嫌ですが。))
今まで予備のメガネを自動車に入れておくと熱のせいか?すぐに駄目になってしまったのですが、この商品なら“熱に強い”と謳っているので大丈夫でしょう。早速、自動車の非常用カバンに入れときます。
便利な商品です。
おまけに安いし。

***** 余談 *****
“予備のメガネ”で思い出した、学生の時の話。
わし、現在メガネをはずすと眼前十数センチしか見えない強度な近視なんじゃ。高校生の時はまだメガネ無しでもギリギリ免許に通るだけの視力はあったのですが、大学に入ってからメガネ無しでは外出するのもままならない位にどんどん視力が低下。
(勉強のし過ぎ?じゃなくてゲームセンターに入り浸ってたせいじゃ。)

メガネが外出先で壊れちゃうと身動きが取れなくなるんで、常に予備のメガネを持ち歩いておった。
メガネを買う時に、一つめは常用するんでそこそこのを選んで、予備のはなんでも良いから一番安いのを選んで買っていました。
予備の方は安いだけあって圧縮レンズなんてのじゃなく、ビックリするほど分厚いレンズ(まるで防弾ガラスみたいな!)がはまってましたが。
防弾ガラスみたいなのでも、メガネが無いせいで行動できなくなるよりずっとマシです。

靴やらカバンが外出中に壊れても、お店で金さえ払えば(デザインなどにこだわらなければ)即、手に入りますが、メガネって注文しても数日待たされるのが普通。
そんな訳で目が悪い人は皆予備のメガネを持ち歩いているのが普通だと思っていた。

で、学生の時の話なんじゃが、ワシより度の強そうなメガネをかけてた同級生…、K君としておきます。授業が終わって、家までの経路が途中まで同じなんでK君と一緒に帰ろうと学校の中庭を歩いていたら、向こうで遊んでる奴らが蹴りそこなったサッカーボールが放物線を描きながらこっちに飛んできた。「すいませーん。ボール取って下さい〜。」なんて声かけられたK君、「おーし」なんて声出しながら、ダッシュで駆け寄りいきなり顔面でボールを受け止めた…。
ヘディングをしようと思ったんだろうな、K君。
ヘディングって額でするもんだぞ。笑
顔面に思いくそクリティカルヒットしてました。笑

ポーンと弾き返されるボール。
真ん中から真っ二つに折れて左右別々に飛んで行くメガネ。タイルの床で砕け散るレンズ。
呆然として動きをとめるK君の後姿。
「は!」っと叫んで一度顔に両手を持っていってメガネが無いのに気付き中腰になって両手を地面スレスレでなでまわすK君。
その動きがまるで“メガネを探す横山やすし”じゃった。K君には悪いんじゃがその時のわし必死で笑いこらえておった…。
笑いをこらえながら「大丈夫か?」駆け寄って割れたメガネを拾たんじゃが、レンズは粉々の破片になっていて使用不可能。
(ガラスの破片は掃除して捨てました。)
ボール遊びしてた連中も駆け寄って来て謝ったんじゃが、悪いのは奴らじゃなくて、K君の方。

予備のメガネなんて持ってないと言うK君。わしの予備のメガネを貸してやったのじゃが。
(わしより顔のでかいK君、メガネを貸しちゃうと広がってしまって横幅ガバガバになってしまうのが目に見えるので嫌じゃたんじゃが…。緊急事態だし困ったときはお互い様ですもんな。)
わしのメガネかけたK君と帰路についたのですが。数分歩いた所で、K君
「おまえのメガネかけてもほとんど見えへん上に、目の奥が痛くなってくる…。返すわ。」
返ってきたメガネかけてみたら案の定、横幅ガバガバ。大村崑のメガネみたく鼻のとこまでズリ下がる状態に…。
はぁぁ。こっそりため息…。

駅に着いて待つこと数分で電車がきました。
電車が止まったら、K君、車両と車両のつなぎめ(連結部というのかのぅ)に突進して行くんじゃよ!
わし、彼が何をしようとしてるのか一瞬判らなかったのですが、ホームから落ちる寸前に襟首を掴んで止めました。
K君には、車両のつなぎめがドアに見えたらしいんじゃ。なんて危ない。
危なっかしくてしょうがないので、わし、K君の家までついて行くことにしました。
K君の家に無事到着して帰ろうとしたんじゃが、今度はメガネ屋について来て欲しいというK君。
家には予備のメガネがあると思っていたんじゃが、K君のメガネは先ほど壊れた物のみとのこと…。
昔使っていたメガネも無いそう。
どんだけ危機管理できてないねん。唖然とするわし。

しょうがないんで近所のメガネ屋に…。
K君の度数強いんで特注で一週間はかかると言われて、「それでは困る。」とK君。
どんだけK君が困っても出来ないもんは出来ない。しょうがないじゃん。
わし、K君に「2個同時にメガネ注文しとけや。」と言ったのですが、「それは無駄。」ってK君。

メガネが壊れた為に死にそうになったクセに。
特注で一週間かかるって言われて困り果ててるくせに。
「君は莫迦か?」って言いそうになりましたがグッとこらえました。笑
結局メガネ一個だけ注文したK君を家まで送り届けて帰宅。
K君は一週間後に学校に出てきました。
メガネ出来上がるまで家で引きこもってたんですな。

昔の話で、当時一番安いメガネでも2〜3万したと思います。
メガネが無くて目が見えないという恐怖感に比べると2〜3万は安いもんたと思うのですが…。

今どきは、メガネ2つで7000円なんてのもあるんで複数買っても平気ですな。
あ、余談の方が長くなってしまいました。

*****商品データ*****
品名:もしものときに非常用メガネセット
発売元:愛眼株式会社

※レポートは購入時の内容です。
※掲載後に変更が有るかも知れません。
※ご注意ください。