自動車のトランクにフックを取り付けました。
今まで乗っていた車の荷室の床にはD型の金具が付いていたので荷室の荷物をバンドで固定できたのですが、今度の車には付いていない。ブレーキかけたりカーブを曲がる度にトランクの中で荷物がガタンゴトンと移動して気になって仕方がない。
そんな訳でホームセンターで金具を購入しました。
1金具とねじ
金具とねじ。ドリルビスというのを買ってみました。ねじの先端がタップ状になっているので下穴を開けたら後は強引にねじ込めばタップを使わなくて済みそうなので…。
2これは他の所
これは他の所で撮影した金具。本当はこの形の金具が欲しかったのですが、売って無いようでした。
3トランクのカーペットを
トランクのカーペットをめくって金具を取り付けたい場所を決めます。
穴は数個開けるだけなんでハンドドリルを使用しました。(電源が遠いので延長コードをつないで電気ドリルを使うほどでもないと思ったので。)
4金具の取り付け
金具の取り付けには穴を二つ空ける必要があります。
最初に一つ穴を開けてドリルビスで金具を固定。
完全に固定しないで少しぶらぶらしてるぐらいで可です。
現物あわせで反対側にも穴を開けます。
穴が開いたらドリルビスで固定。(両方ともきっちりねじ込んで完了。)
5同じ作業をもう一回
同じ作業をもう一回。フックは2箇所に取り付けました。
6ベルトをフックに
ベルトをフックに通して…。
7トランクのカーペットを
トランクのカーペットを戻して完了。
8日常使う簡単な工具
日常使う簡単な工具や洗車道具の入った籠をベルトで固定しました。
これで籠がトランクの中を転げまわる事は無くなります。

この文章書きながら思い出したのですが、「鉄とステンレスをくっつけると電位差が生じて鉄が錆びる。」なんていうのを学校で教わった記憶が…。うぅ〜ん、どやったっけ?
ま、錆びたら錆びたときのことで!