1000リットル。家庭のお風呂で約5杯分!
ざっと計算してゾッとしました。
なんの数字か?いままでにわしの飲んだ酒に入ってたアルコールの量。
酒の量じゃなくて純粋なアルコールの量ですよ。

○○歳で酒を覚えて、ま、その頃は金が無くて、バイト先の宴会で飲むぐらいでした。
その頃の酒の飲み方は、料理を食べてお腹が膨れるとそれだけ酒を飲める量が減ってしまうのでお通しを眺めながら酒をゴクゴク。
食べるものはお通しと冷奴くらいで、あとはひたすら酒をゴクゴク。これがひどくなると塩を舐めながら酒を飲むようになるんだろうね…。
若い頃のそういう意地汚い酒の飲み方がいまだに抜けきらない、笑。
宴会のたびに記憶が無くなるまで飲んでたんですが、年に数回の事なのでそのときに飲んだ量を全部合わせてもたいした量にはならないはずです。

就職してある程度お金が自由に使えるようになってからは毎晩飲むようになりました。
最初は500の缶ビールで満足だったのが、すぐに500の缶では物足りなくなり、毎晩ビールを2〜3リットル飲むようになってました。
ビールを3リットル以上飲むとお腹がタッポンタッポンになるのでその頃(30歳前ぐらいかな?)から日本酒を主に飲むようになってました。
その頃で3日で日本酒の一升瓶を2本ずつあけてました。
10年以上毎日そのペースで飲んでました。

就職してから酒を飲んでない日といえば、親が入院して付き添いで病院に寝泊りしていたとき位…。
自分が入院して手術したときは、ドレーンがついたまま寝巻きの上からジャージを着て酒屋の店先で飲酒してたなぁ…。
あ、あと健康診断前の数週間は断酒か節酒してました。
そんな日を除くと毎日の飲酒。医者に「入院しないと死にます。」とまで言われたんで(入院しなくても人間いつかは必ず死ぬんだよね。)だいぶ酒の量は減らしたんじゃが…。
減らしたと言っても、量は、ビールなら500の缶2つの後に焼酎2合ぐらい。これでも飲み過ぎですよね?

飲酒を始めてから今までの総アルコール量を計算してみました。
アルコール含有量が、ビール5%、日本酒15%、焼酎25%として飲んだ年月から計算してみると…、少なく見積もった場合と多く見積もった場合の中間値で純アルコールで約1000リットルと出ました。

ビールのアルコール分が5%だとしたら、1000ℓ÷0.05=20000ℓ
純アルコールで1000リットルと、ビール20000ℓがほぼ同じ。
20000ℓといえば大型のタンクローリーの容量です。

25年がかりとはいえ、タンクローリー一杯分のビールに相当するアルコールを飲んじゃうとは…。
考えただけで二日酔いみたいに頭が痛くて気分が悪くなってくる…。オエッ!失礼!

酒代も累計するとどえらい金額に…。
最近はビールのようでビールではないという、第三のビールとか発泡性リキュール類なんて安価な(500缶で170円程度)ビール風アルコール飲料と、サトウキビの絞りカスから作った焼酎を愛飲してるので1日の酒代が500円台。
毎日の酒代が550円として…。550円×365日×25年で約500万円…!。これは安く見積もった場合。昔は節税ビールなど無かったし、一升で2000円以上の日本酒を常に飲んでた時期もあるのでもっとかかっていることになりますよね。
なんという愚かな行い…。毎晩酒を飲んで良い気分になった代償がこんな無駄使い…。
って今、酒を飲みながら書いておるんじゃ。笑
タバコはここ何年か吸っておらんのじゃが、酒を止めてしまうのは無理かも…♪。