自動車を乗り換えたら、新しい車にはティッシュの箱を置いておくスペースがないんじゃ…。
てな訳で車内にティッシュの箱を固定できるようにしました。
材料。
1クッキーの空き缶とシート状の磁石
クッキーの空き缶とシート状の磁石。
シート状の磁石は「水道や下水がつまったらすぐに駆けつけます。」って業者のやつ。冷蔵庫やロッカーの鉄部に張り付けるようになっています。
磁石の含有量の違いなのか?モノによって引っ付く力に格段の差があります。出来るだけ良くくっつくのを選びました。
2クッキーの空き缶に切り取り線
クッキーの空き缶に切り取り線を書きます。
3カッターナイフの刃を
カッターナイフの刃を空き缶に突きたててザクザクと切断。
切り口がガタガタでも気にしない。
4切り抜け
切り抜けました。
5缶のふちで怪我をしない
缶のふちで怪我をしないように切断面を折り返します。
6これで工作はほぼ終了
これで工作はほぼ終了。♪
7ティッシュの箱を固定したい車内に
ティッシュの箱を固定したい場所にシート状の磁石を両面テープで張り付けます。
8ティッシュの箱の裏に切れ込みを
ティッシュの箱の裏に切れ込みを入れて鉄板を固定。
あ、写真撮り忘れましたが、ティッシュの裏の鉄板を自動車側のシート状の磁石のところにくっつければ出来上がり。
ティッシュを使い終わったら鉄板だけ外して新しいティッシュの箱に取り付ければOK。
ティッシュが三分の一ほど残った状態で約1Gの重力に耐えることを確認しましたので普通に運転してる分には外れる心配なし。