使い捨てライターにガスを再注入しました。
用意するものはガスの減った使い捨てライターとガスライターの補充用ボンベ。
1使い捨てライターを分解
使い捨てライターを分解。
2炎の強さを調節するバルブに
炎の強さを調節するバルブにペンで印を付けてからバルブを3回転〜4回転緩める。



ガスの注入が出来たら元通り組み立てて完成。
この時にバルブに付けた印が役に立ちます。
緩めた回数と同じだけ締めればOKです。

3ガスの再注入を簡単な図で
ガスの再注入を簡単な図で説明。
図の左が通常使用時のバルブの位置。
図の右がガス詰め替え時の状態。
左図の状態の時にガスボンベを押しつけても使い捨てライター内にガスは入って行きません。
ガスライターの補充用ボンベから入った液化ガスと同じ体積の気化したガスが使い捨てライターから出て行かないと駄目。
そこで、バルブを3回転〜4回転緩めるんです。
右図のようにバルブは抜けないんだけど気化したガスだけは抜ける状態にします。…拙い文章で判りにくくて申し訳ないです。
この辺の頃合いは実際にやってみないと判らないと思います。
バルブを緩めたら、
.法璽疋襯痢璽坤廛薀ぅ筺爾妊丱襯屬寮菽爾鬚弔泙鵑播晴个垢觧と同じ方向に動かします。
∧篏射僂離椒鵐戮魏,敬佞韻泙后
ライターを点火する時にガスが出てくる部分から液化したガスを逆流させる訳です。
ボンベを手の平の体温で温めておくとよりスムーズに注入できます。
バルブの先端からライター内に液化ガスが入ります。
け娉愁スが入った分、余分な気化ガスがバルブの隙間から外に出て行きます。

ガス注入が完了したらすぐさまバルブを閉めてください。
注入前にバルブに印を付けてあるので緩めた回数と同じだけ回す。
この時に愚図愚図していると、せっかく注入した液化ガスが全部気化してバルブの隙間から抜けてしまいますよ。

昔の使い捨てライターは数回の再生に耐えましたが、最近のは部品をギリギリの強度で作ってるのか?一回も詰め替え出来ない(詰め替えたら壊れてしまう。)のが多くなってます。

可燃性の液化ガス・火気を扱うので凍傷、火傷、火災など思わぬ事故が起こる可能性があります。
真似する方は自己責任でお願いします。

こんな事するのなら最初からガスの補充出来るライターを買えば良いのじゃが…。

↓ブログランキングに参加中!
↓一日一回クリックしてくださいな♪
↓励みになりますので是非お願いします。
ブログランキング
↓こちらも、一日一回クリックよろしくね。
>にほんブログ村 グルメブログ 愛知・名古屋食べ歩きへ
>にほんブログ村