電車が到着したので扉の横で開くのを待っているのに扉が開かない!?
困惑していたら、後から来たお爺さんが車両に付いてるボタンを押して、開いた扉からさっさと電車に乗り込んでいきました。
「この田舎モンが!電車の乗り方も知らんのんか!」
お爺さんに一喝されてしまいましたよ。笑
9扉の横にあるこのボタン
扉の横にあるこのボタンを押すと扉が開くんですね。
「あける」のボタンしかないです。
車外には「閉」ボタンがないんで降りた後で閉めることはできないです。
電気(空気圧?)で動くので手動っていうより半自動というのでしょうか?
10車内側の操作ボタン
車内側の操作ボタン。
車内側には、開閉両方のボタンが付いてます。
走行中に恐る恐る「開」ボタンを押してみました。
無反応でした。もし走行中に開くようなら危険極まりないですもんね。
開閉ボタンの元の電源は車掌室で操作してるんでしょうな。

(30年ほど昔この路線の電車に乗った時、走行中のドアに隙間が空いていたんで試に手で開いてみたら全開になってびっびった記憶がありますよ。車掌さんを呼んだら、「あぁ、はいはい」みたいな感じで車掌室から持ってきたロープをドアの両側の手すりに“とうせんぼ”するように結んで終了。え、そんなんで良いのん?おおらかと言うのか良い加減というのか…。)
11オハ35、オハ33
オハ35、オハ33等の鉄道模型。
昔のオハ35とかオハ33なんて形式の車両は走行中でも扉を開ける事ができました。っていうか客が閉めない限りはずっと開いたまま…。昔はおおらかだったんですな。
学生の頃はローカル線に乗るとこんな客車がディーゼルカーに引かれて走ってましたな。今でも走ってる路線はあるのかな?
話しがそれてきました。
12これは駅の待合ベンチの座布団
これは駅の待合ベンチの座布団。
寒くなってくると座布団が有るのと無いのでお尻の冷たさが段違いですね。ありがたい。