1津原神社外観
津原神社。
2津原神社
近鉄奈良線、河内花園駅の南約270メートルに鎮座する、「式内社」の津原神社。
祭神は、
・天児屋根命
・玉櫛彦命
・櫛玉命
の三神です。
旧市場村の鎮守。
3津原神社
4狛犬
5狛犬
狛犬の台座には明和6年(1769年)の年号があります。
「石工和泉屋仁右ヱ門」の作と伝えられている。

6武運長久
祈武運長久の石碑。
昭和12年の年号。

7石鳥居
神社から南へ630メートル程一直線の道(馬場先)があり、南の端に重厚な石鳥居が建っています。
「玉串社」の額。
脚には「玉櫛庄市場村」の文字。

「橘島荘両社縁起」によると、天平勝宝6年(754年)9月風雨が激しく各地に水害が続出した。
八幡宮の神託に大和川の上流より櫛笥(くしげ=化粧道具を入れる箱)と橘の枝を流し止った所に神を祭れと出た。
櫛笥の止まった所が今の玉串(櫛)明神で川の名も玉串(櫛)川となった。
橘の枝は現在の平野区の加味に止まり旭神社になった。そうです。

8防火水槽
鳥居近くの防火水槽。
今でも水を溜めてあるのじゃろうか?

10桜
桜。
ソメイヨシノはほとんど散ってしまいましたが、こちらの桜はほぼ満開でした。

11石垣
馬場先脇の民家の石垣。
12石臼下
よく見ると積み石の中に石臼が混じってます。
こっちは石臼の台の方です。
13石臼上
こっちが石臼の上の部分です。
石臼の溝の刻み方や取っ手のつけ方で何処の地方の物か判るようですね。
ダンボールに入れっぱなしになっているわたくしの本の何処かに確か書いてあった。
どの本の何処に書いてあったのか?探し出すのも大変なんで興味のある方は自分で調べてくださいね。

14恩智川菜の花
恩智川の菜の花。
めっちゃ花粉が飛んでいて、くしゃみの連発でしたわ。

15たこ焼屋台
偶然みつけた屋台のたこ焼屋台。
良い雰囲気の屋台ですね。
たこやき4個100円〜
営業時間 12時〜19時半
月曜定休。
4月22日まで臨時休業との事。残念。
16たこ焼売物件
ネットで調べて訪れた、たこ焼店。
こちらは、売物件の張り紙が…。

***** データ *****
名:津原神社
住所:大阪府東大阪市花園本町1丁目4‐23

大きな地図で見る