コンパクトデジタルカメラを修理しました。
機種は、CASIO EX-Z1。
EXILIM EX−Z1 CASIO 求夢洞
↑クリックしたら購入した時の記事が読めます。

背面のメニューを選択するときに使うボタンが駄目になりました。
メニューを選択する円形のボタンが以前から遊びが多くなっていたのですが、今日全くクリック感が無くなり無反応になりました。
電源は入るし、シャッターボタンは生きているので使用出来るのですが、ホワイトバランスやEVが調節できないのは辛いです。とりあえず撮影は出来るので買い換えるのももったいないし…。

修理
内部のスイッチが駄目になってるだけなら、わしにも修理できるかもしれないので、だめもとで分解してみました。
銀塩カメラは分解したことあるのですが、デジカメは初めて。
本体をカバーが覆っているだけの単純な構造でした。
外から見えているネジをはずすだけでOKでした。
修理 (1)
機能しないスイッチの部分。
修理 (2)
アップ。
写真では判らないですが、ボタンに突起が付いています。
このボタンの裏の突起がデジカメ本体の基板上のスイッチを押して作動させるようになってます。
修理 (3)
本来なら他のボタンと一体になっている筈の円形のボタンが外れてます。
円形のボタンから飛び出してる?マークの下の点を取ったような部品が本来なら隣のボタンの部品とくっついている筈なのですが、折れてしまってます。
接合部が折れたためにボタンとスイッチが正しい位置からずれて基板上の対応するスイッチを押せなくなっていました。
このボタンが円形でなく十字キー型や四角形にデザインしてあれば位置決めの部品が折れても問題なく使用できたのだと思います。
ボタンが円形でなおかつ、位置を固定する部品が折れてしまったのでボタンが回ってしまい操作できなくなってました。

ボタンの形が、十字キー型や四角形なら接合部が折れていても全く支障なく使用できていたのに…。
(上下左右の4方向に操作するボタンなら、普通は十字キー型か四角形にデザインしますよね。)
安価な製品の設計者にそこまで求めるのは酷ですかな。

あっ、もしかしたらワザとそういう設計をしている?
懐に余裕のある人なら、数千円のカメラを3年使用して故障したら…、すぐに新しいのを買いますよね。
安価なコンデジが壊れたからといって修理する人は少数派だと思いますよ。
安い商品を末永く愛用してもらうよりは、適度に壊れて新しい商品を買ってもらうほうが会社は儲かりますもんね。
ワザと数年で壊れるように設計してるのかも…?。

仮に修理を依頼されても、裏蓋を外してボタンの部分を全部アセンブリー交換して数千円の技術料を取れば新しいカメラが売れなくてもそこそこ儲かりますもんね。

疑いすぎかな?
話それてきました。

修理 (4)
要は、ボタンが回転しないようにすれば機能回復するって事。
修理の方針が決まれば簡単!。
デジカメ裏面の部分、赤い矢印の部分に穴を開けました。
直径約1mmの穴をピンバイスで。
修理 (5)
鉄道模型の部品にあったネジを一本削ってタップ代わりにし雌ネジを切りました。このデジカメ裏面の素材は多分アルミだと思います。柔らかい素材だったので、ネジから作成した代用タップで雌ネジを切ることが出来ました。裏蓋がチタン素材だったら代用タップでは歯が立たなかったかも…。
雌ネジが切れたら、代用タップにしたのと同じ径のネジを適度な長さに切断してねじ込みました。
赤い矢印が新設部分。
修理 (6)
ボタンの?マーク型の部品と新設したネジの部分が噛み合って、ボタンの回り止めの役割を果たします。
赤丸の中心の部分です。
ボタンに付いている?マーク型の部品が折れない限りは使用出来るでしょう。
万一折れた場合はボタンの反対側に同じ形の部品が付いているので、ボタンを180度回転させて組みなおせば大丈夫。
修理 (7)
元通りに組み立てて完了。
って…。
ありゃ?
「SET」の文字のある決定ボタンを上下逆に組み立ててしまいましたよ…。

ま、いいや。機能に影響ないですから…。また分解するの面倒ですし。
本来無い部分にプラスのネジの頭が出てます。これも気にならないのでそのままにしときます。

気になるのなら、エポキシ樹脂をネジのプラスの溝とネジ山に塗りこんで組み立て。(ネジの緩み止めを兼ねて。)
エポキシ樹脂硬化後、ネジ周囲をヤスリで整形、塗装を施せば、外見は全然判らないように出来ると思いますが、そこまでこだわってませんので…。

作業時間は途中でネジを飛ばしてしまい、床に這いつくばって探し回った時間を除けば、正味40分ほどでした。
簡単な作業で資源の節約。

修理したデジカメ、これでまた何年かは使い倒しますよ。

↓ブログランキングに参加中!
↓一日一回クリックしてくださいな♪
↓励みになりますので是非お願いします。
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
↓こちらも、よろしければ…。
↓一日一回クリックよろしくです。
ブログランキングblogram投票ボタン