7太子道碑
太子道の碑。
8太子道説明
太子道の説明。
碑には、
『聖徳太子が生前に斑鳩から港のある大坂方面や磯長へご廟築造のため通られたと伝へる道と、斑鳩から飛鳥へ執務のため往復された道と共に太子道の名で残る古道で、この道沿には尼寺廃寺跡を初め太子が掘られた分川、旗尾の両池や太子ゆかりの地名や伝説史跡が残る古い文化交流の道であり太子の葬送もこの道を通り斑鳩から磯長のご廟へお送された。 顕彰会』
とありました。
最初、縦書きで読んでしまい意味が判らなかった…。