トロトロ半熟玉子の作り方。
わたくしの半熟玉子のベストの作り方。

熱湯で5分30秒程。

これだけ。
ポイントは熱湯に玉子をいれる点。
半熟玉子で検索してみると、水から玉子を入れる作り方の紹介が多いです。
水から入れると、コンロの火力等調理する環境が違うと出来上がりに差ができます。
熱湯から入れればコンロの熱量の違いからくる加熱のばらつきは最小限に抑え込めます。

あともう一点。
古い玉子はそのまま茹でても綺麗に殻が剥けますが、新鮮な玉子を茹でると殻と白身が癒着したみたいになって綺麗に剥けません。
多分、新鮮な卵だと殻の内部の圧力が外に逃げないため殻の内側の薄皮と白身がくっついてしまうんだと思います。
新鮮な卵を使う場合は押しピンで穴を開けから茹でてやると、中の圧力が外に逃げて殻と白身がくっつかなくて綺麗に殻が剥けますよ。
押しピンで穴を開け
押しピンで穴を開けたところ。
押しピンを回しながら
いきなり押しピンを刺すと多分、殻が割れます。
イラストみたく、グルグルと押しピンを回しながら穴を掘るように少しづつ穴を広げます。
を開ける
この写真では穴を二ヶ所開けてますが、穴を開けるのは一ヵ所で充分

お鍋に熱湯を沸かして、お玉かスプーンに乗せた玉子を静かに熱湯に入れます。
玉子は冷蔵庫から出したてでOK。
熱湯は玉子がつかるぐらいの量で充分。
勢いよく放り込むと玉子が割れますよ。
コンロでお湯を沸騰させながら待つこと5分30秒。
5分30秒で鍋を火からおろして水道水で玉子を急冷。
余熱で黄身が固まるのを防ぎます。
玉子の熱が取れてきたら殻を剥きます。
水道水を殻と白身の間にかけるようにしながら剥くとやりやすいですよ。

トロトロ半熟玉子
出来立てを一口かじってみました。
白身がギリギリ固まった状態で黄身はトロトロ。
この半熟加減がわしは大好き。

5分30秒では白身がやっと固まった状態で綺麗に殻をむける限界です。
これ以上、茹で時間が短いと白身が殻を剥くときに崩れてしまいます。
6分で白身も扱いやすい硬さに固まります。
加熱が6分を越えると普通の半熟玉子。
もっと時間経つと固ゆで卵になります。

このまま食べても旨いんですが、味付き煮玉子にしても旨いですよ。

味付け煮玉子の作り方。
ラーメンダレ
ラーメンスープ。
冷凍のラーメンのスープ。
今冬、自宅での鍋の〆に冷凍のラーメンを入れた時の残り…。
何でも取っておくと何かの役にたちますぞ。笑。
ラーメンスープが無ければお醤油でも大丈夫かも…。
コップに…
ラーメンのスープの原液から脂を取り除き少し水を加えてコップに。
冷蔵庫で保存…、寝かせます。
数時間後
数時間後、冷蔵庫から取り出して食べてみました。
玉子の表面に醤油ラーメンの味がしゅんで(浸み込んで)旨い。

二四時間後
こちらは24時間後の煮玉子。
白身に味がしみ込んでました。
黄身の水分も抜けて少しトロミが付いてます。

ラーメン店の煮玉子に負けない美味しさ。

酒がすすんでしょうがない。

↓ブログランキングに参加中!
↓一日一回クリックしてくださいな♪
↓励みになりますので是非お願いします。
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
↓こちらも、よろしければ…。
↓一日一回クリックよろしくです。
ブログランキングblogram投票ボタン