折り畳み式シャベル
折り畳み式シャベル。
この折り畳み式シャベル2代目です。先代の折り畳み式シャベルは穴掘りに使用したら蝶番の部分のピンが折れてしまいました。
折れたピンの代わりにボルトとナットで修繕して使っていたんですが…、いつの間にか無くなってしまいました。
折り畳み式シャベル展開
2代目の折り畳み式シャベルを伸ばしたところ。
写真の様にではなく蝶番の部分を90度の位置で固定も出来、鍬のような使い方もできます。
こっちのは雪かきに一度使ったきりです。

シャベル
普通のシャベル。(ケンスコ)
この形のシャベル通称「ケンスコ」って呼ばれてますね。

余談になりますが、先が尖ってなくチリトリみたいな形をしたが「カクスコ」。
カクスコは多分、角型スコップの略。
ケンスコは剣型スコップ?の略かのぅ?。
年寄りはシャベルやスコップの事を「エンピ」なんて言うのぅ。
何の略かな?。