浄土真宗本願寺派 今井山 称念寺@奈良県橿原市今井町
奈良県橿原市今井町にあります、浄土真宗本願寺派 今井山 称念寺を訪れました。
…*…*…*…*…
案内板から引用します。
称念寺は、今井寺内町の中核となった真宗本願寺派の寺院で、寺内町の発展を支える拠点でした。
現在の本堂の建立は鐘楼と梵鐘が寛永十四年(一六三七年)の建設であることから、江戸時代初期と考えられます。
明治十年には明治天皇大和行幸時の行在所となりました。
本堂は、江戸初期に遡る数少ない真宗本堂であり、今井町を形成する核となる重要な遺構として平成十四年に重要文化財に指定されました。
以上案内板からの引用でした。
…*…*…*…*…
称念寺境内
近世初頭に再建されたそうですが、あちこち傷んでいるようでした。
実際、建物が傾いたり、屋根瓦が落ちたりしたそうです。
称念寺境内

現在解体工事中とのことで境内に建築資材などが運びこまれていました。
一度解体し、礎石の修正を行ったうえで耐震補強を施し組み立てなおすようです。

本堂を覆う屋根を作ってから本堂を解体するそうです。
寺の前の道路が狭く、クレーン車など使いにくいので大変な工事になるんでしょう。
本堂の工事完成は平成三十一年末を予定されているようですので、しばらくは見学できないようですね。
完成したらまた訪れたいと思います。

明治天皇大和行幸碑
明治天皇大和行幸碑。
屋根
屋根
屋根の上の飾り。

参考にしたサイトです。
奈良の寺社 称念寺「今井御坊」
ありがとうございました。

*****データ*****
名:浄土真宗本願寺派 今井山 称念寺
住所:奈良県橿原市今井町

大きな地図で見る