八幡神社(伊福寺跡)
奈良県大和高田市にあります、八幡神社を訪れました。
八幡神社(伊福寺跡)
境内に、伊福寺跡(いふくじあと)の表示がありました。
…*…*…
本郷町と高田城跡との間に位置する。
現在の八幡神社はその鎮守として寺城内に祀られたもの。
中世には平田荘内にあり、興福寺の末寺に属した。
当寺関係の遺物には、葛城市南道穂にある法林寺本尊として現存する阿弥陀如来、五条市内で所蔵されている大般若経六〇〇巻(鎌倉時代)がある。
写経は当時の住持実賢が建久九年(一一九八年)から十五年の歳月を費やして筆写したもので、その跋文に次のように述べている。
「於大和国葛下郡高田郷伊福寺内ニテ一筆書写之願主円阿執筆実賢」(巻四十一・建久九年六月3日)
江戸時代を通じて、伊福寺跡は八幡神社を含めて、八畝二十四歩が除地(年貢のかからない土地)となっていた。
…*…*…
以上案内板から転記しました。
八幡神社(伊福寺跡)狛犬
八幡神社(伊福寺跡)狛犬

狛犬。
八幡神社(伊福寺跡)お百度石
お百度石。

参考にしたサイトです。
奈良の寺社 八幡神社「伊福寺跡」
ありがとうございました。


大きな地図で見る