明治天皇巡幸記念碑。
明治天皇巡幸記念碑@奈良県大和高田市

奈良県大和高田市にあります。

碑の横にあった説明文から引用します。
…*…*…
長い鎖国時代も終わり開国した明治政府。
東京遷都後、明治天皇が試みた全国巡行により天皇始め徳大寺侍従長、顧問木戸孝充らの一行は明治十年(一八七七年)二月八日から大和へ入り親しく各地を巡幸の後、十一日には畝傍山陵に参拝された、翌十二日雪散らつく中、今井の称念寺を出発。午前十時過ぎ高田の堀江九郎邸で小休止、約三十分後下田、藤井を経て帰路につかれた。
当石標は西南の役直前の風雲急を告げた時期、明治天皇が初めて高田へ来られ小休止された敬事を記念し、昭和十二年徳富蘇峰の揮亳で今は無き堀江邸跡に顕彰碑を建てられたものである。
…*…*…
場所:奈良県大和高田市

より大きな地図で 明治天皇巡幸記念碑 を表示