エノキの巨樹
香芝市下田西にあります、エノキの巨樹を見に行きました。
鹿島神社の北側です。
鹿島神社の境内から一度外に出て北です。
農協の向かい側。
…*…*…
案内板の文書を転載します。

鹿島神社(かしまじんじゃ)・エノキの巨樹
 このエノキの巨樹は、胸高直径106cm、幹周334cm、樹高が約25mあります。
四方に枝を張り、樹勢はきわめて旺盛です。
 またこの巨樹は、関屋峠(国分峠)を越えて関屋・逢坂・下田・瓦口・別所を経て、初瀬や伊勢に通じていた伊勢街道に面していることから、街道筋に植えられた道標的な役割を担っていたと考えられます。
 鹿島神社は、承安二(千百七十二)年、源義朝の家臣鎌田小次郎政光が常陸国(現茨城県)鹿島本宮の御分霊を勧請したのが始まりと伝えられています。
 宮座の結鎮座には、座の組織や年中行事などを記した「結鎮座文書」(県指定文化財)があります。
また、毎年一月二十六日には祭礼の「渡御行事」(市指定文化財)が行われています。

以上香芝市教育委員会設置の案内板から転載しました。
…*…*…
この榎、この場所で何年生きているんだろう?。
何百年か昔、この木の下をお伊勢参りの人々などが通ったんじゃろうねぇ。

↓ブログランキングに参加中!
↓一日一回クリックしてくださいな♪
↓励みになりますので是非お願いします。
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
↓こちらも、よろしければ…。
↓一日一回クリックよろしくです。
ブログランキングblogram投票ボタン


*****場所*****
近鉄大阪線、下田駅より北へ直線距離で約220メートルです。
JR和歌山線、香芝駅より西北西へ直線距離で約135メートルです。
国道165号線、国道168号線、下田交差点を北東方向です。
簡単な地図を添付しました。
鹿島神社地図
クリックしたら大きい画面で開きます。
(2010年11月訪問時の状況。年月がたつと状況が変わるかもしれませんので自分で調べてから行ってくださいね。)

より大きな地図で エノキの巨樹 を表示