法起寺

奈良県生駒郡斑鳩町岡本にあります、聖徳宗 総本山 法起寺を訪れました。
奈良交通バスの法起寺前バス停降りてすぐです。
バスで訪問の場合、バスの本数が極端に少ないです。
なので次のバスの時間を確認して間に合うように拝観したほうが無駄な時間を過ごさないで良いかも知れませんね。


法起寺門法起寺、西門。
有名な法隆寺の東北の方向にあります。
法隆寺に参拝した後に軽いハイキング気分で参拝しても良いかも知れませんね。


聖徳太子の妃、刀自古郎女(とじこのいらつめ)の邸宅を寺にしたと推定される。
岡本寺とも呼ばれています。
聖徳太子建立七ヶ大寺のひとつ。
国宝である日本最古の三重塔は684年に建立が始まった。
1972年(昭和47年)に塔の解体修理が行われた。
詳しい由来などは聖徳宗 総本山 法起寺のホームページを見ると良いです。
レポートの末尾に法起寺ホームページへのリンクはっておきますね。

聖徳宗 総本山 法起寺のホームページから引用しておきます。

法起寺は別名、岡本尼寺、岡本寺、池後寺、池後尼寺と呼ばれています。
この寺は、推古14年(606)に聖徳太子が法華経を講説されたという岡本宮を寺に改めたものと伝えられ、法隆寺、四天王寺、中宮寺などと共に、太子御建立七ヵ寺の一つにかぞえられています。
創建の由来については『聖徳太子伝私記』に記録する当寺の三重塔にあった露盤銘によって判明します。それによると、推古30年(622)2月22日、聖徳太子はその薨去に臨み、長子の山背大兄王に宮殿(岡本宮)を改めて寺とすることを遺命し、山背大兄王は大倭国田十二町、近江国の田三十町を施入したといわれています。
その後、舒明10年(638)に福亮僧正が聖徳太子のために、弥勒像一躯と金堂を造立し、天武14年 (685)には恵施僧正が宝塔の建立を発願し、慶雲3年(706)3月に塔の露盤を作ったとされています。
この露盤銘に記すように近年境内の発掘調査の結果、前身建物の遺構の一部が 確認されており、法起寺の建立以前に岡本宮と見られる宮殿が存在していたことが明らかとなりました。 同時に、中門を入って右に三重塔、左に金堂、中央正面奥に講堂があり、廻廊は中門左右から堂塔を囲み、講堂の左右に接続する様式の伽藍であったと推測されています。
当寺のことは、『正倉院文書』や『日本霊異記』にも見られ、奈良時代には相当栄えていたようですが、平安時代から法隆寺の指揮下に入り、寺運も徐々に哀微しましたが、鎌倉時代には講堂や三重塔が修復されています。しかし、室町時代に再び衰え、江戸時代のはじめごろには三重塔のみを残すのみであったといわれています。
その荒廃を憂い、当寺の再興を発願した寺僧の真政圓忍とその弟子たちは、延宝6年(1678)に三重塔を修復しました。それ以降も、寺僧たちの努力によって浄財を集め、元禄7年(1694)に講堂を再建、文久3年(1863)に聖天堂を建立し、現在の寺観が整えられています。
昭和47年(1972)には三重塔の解体修理に着手し、50年に完成したのに続いて、53年には講堂の修理を行い、57年には重要文化財の十一面観音菩薩像を安置する収蔵庫を新設しています。

以上、聖徳宗 総本山 法起寺のホームページから引用でした。

敷地内には、
飛鳥時代の国宝、三重塔
☆飛鳥時代の国宝、三重塔。

江戸時代の講堂
☆江戸時代の講堂。

江戸時代の聖天堂
☆江戸時代の聖天堂

鐘撞き堂の跡
☆鐘撞き堂の跡

池
☆池

等がありました。

入るのには拝観料が必要です。
大人¥300
御朱印を授かりたい場合は御朱印¥300でした。

段差にはスロープがありましたが、地面が凸凹しているので車椅子の場合要介護。
私が行ったときには門前の道路に路上駐車が数台ありました。

↓ブログランキングに参加中!
↓一日一回クリックしてくださいな♪
↓励みになりますので是非お願いします。
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
↓こちらも、よろしければ…。
↓一日一回クリックよろしくです。
ブログランキングblogram投票ボタン

*****場所*****
JR関西本線線、大和小泉駅よりに西へ直線距離で約1620メートルです。
JR関西本線線、法隆寺駅より北北東へ直線距離で約2460メートルです。
奈良県道、9号線沿いにあります。
*****データ*****
名:聖徳宗 総本山 法起寺
住所:奈良県生駒郡斑鳩町大字岡本1873番地
拝観時間
2月22日〜11月3日
  8:30〜17:00
11月4日〜2月21日
  8:30〜16:30
ホームページ:法起寺


※レポートは訪問時の内容です。
※掲載後に時間などに変更が有るかも知れません。
※価格の変更があるかも知れません。
※お出かけ前にご自分でご確認をお願いします。