狐井城山古墳(きついしろやまこふん)@香芝市狐井香芝市狐井・良福寺にある狐井城山古墳(きついしろやまこふん)を訪れました。
古墳時代後期前半。
狐井城山古墳は、墳丘の全長約140メートル、後円部径約90メートル、前方部約110メートル。
周囲に濠と外堤がめぐっています。
北に前方部、南に後円部。
濠と外堤の発掘調査で埴輪片が多数出土。
築造は五世紀末から六世紀前半と推定。
古墳の北東隅の外堤外側で、北流する初田(はつた)川の中から竜山石(兵庫県産)製の刳抜式長持形石棺の蓋石と家形石棺の蓋石片が発見されています。
この石棺は香芝市二上山博物館の前庭に保存展示。
長持形石棺は香芝市指定文化財に指定。
香芝市内で最大規模の前方後円墳。
戦国時代には土豪岡氏の関係者が城砦(狐井塁)として利用していたらしい。

駐車場などはなく、見学は柵の外から見るだけです。

↓ブログランキングに参加中!
↓一日一回クリックしてくださいな♪
↓励みになりますので是非お願いします。
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
↓こちらも、よろしければ…。
↓一日一回クリックよろしくです。
ブログランキングblogram投票ボタン