自転車に乗ろうとしたらパンクしてました。
前回、自転車で未舗装の砂利の道走ったんで…。
(ほんの数十メートルでしたが。)
多分その時にチューブにピンホール出来ちゃったんじゃろうな。
以前、タイヤ装着するときタイヤをリムに嵌め難くて往生した(求夢洞自転車10 タイヤ(ケセラセラ)装着。<クリックしたら以前の記事が読めます。)んでタイヤ外すのいやじゃったんですが、パンクを修理しない訳にもいきません。

まずは、タイヤとチューブをリムから外して…。
ん?。
以前よりかなり少ない力ではずせましたよ。
…拍子抜け。
(タイヤをリムに嵌めるときも、タイヤレバーを使わないと無理でしたが、かなり簡単に嵌りました。)
リムに嵌めてる間にタイヤが伸びたんかいのぅ?。

1穴の周りを紙やすりで軽く削ってチューブに空気を少し入れて水を張ったバケツにいれ穴の開いている場所を特定。
←穴の周りを紙やすりで軽く削って…。

2パンク修理セット西ドイツパッチを張るんですが。
←以前購入した「パンク修理セット」。
よくみると“MADE IN W.GERMANY”の文字が…。
“西”ドイツ製ですよ。
ベルリンの壁崩壊して20年経つのに。
なんて物持ちがいいんじゃろう。

3パッチも当時物←パッチも当時物です。
こちらにも“MADE IN W.GERMANY”って入ってますね。
ゴム糊はさすがに乾燥してガビガビになっていたんで、新たに購入した物を使用しました。

4パッチを貼り付けて完成←パッチを貼り付けて完成♪。

5天花粉(ベビーパウダー)リムからタイヤを取り外したら、チューブがタイヤの内側に所々、癒着したみたいに張り付いていました。
←また、張り付いたら嫌なんで、「天花粉(ベビーパウダー)」をタイヤの内側にポンポンって、はたいてから組み立てました。
子供の天花粉を勝手に使ったんで家内には内緒。
元の場所にすぐに戻しときました。


↓ブログランキングに参加中!
↓一日一回クリックしてくださいな♪
↓励みになりますので是非お願いします。
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
↓こちらも、よろしければ…。
↓一日一回クリックよろしくです。
ブログランキング

blogram投票ボタン