イカを、『刺身で食べられますよ。』って売っていたのでイカの塩辛とイカ焼を作りました。

1イカ
<イカ二杯
写真撮影しながら調理しようとしたんですが、手がイカ臭くて無理でした。
(携帯電話のカメラで撮影してるんですが、イカ臭い手で携帯触りたく無かったんで…。w)
イカ一杯分の胴と二杯分の肝は塩辛に、残ったもう一杯の胴と二杯分のゲソは醤油で焼きました。



2イカの肝

イカの胴から中身をとりだして、軟骨と墨袋は捨てます。
イカの肝は塩をして冷蔵庫で2時間ほど寝かします。
塩辛にするイカの胴は皮をむいて短冊状に切っておきます。
イカのゲソは、目玉と、嘴を取り除いて開いておきます。
写真は塩をした肝。


3イカの塩辛
<塩をして寝かした肝の塩を取り除いてから中身を絞り出して、イカの胴を短冊状に切ったのと混ぜ合わせ塩で味を付け、冷蔵庫で数時間寝かせて出来上がり。






4イカ焼<もう一杯のイカの胴とゲソは醤油を塗りながら焼いて七味唐辛子を振りかけて食べました。焼いてると醤油の焦げる香ばしい香りが漂ってきて早く食べたくてしょうがなくなりました。




酒のつまみにピッタリの味でしたよ。



↓ブログランキングに参加中!
↓一日一回クリックしてくださいな♪
↓励みになりますので是非お願いします。
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
↓こちらも、よろしければ…。
↓一日一回クリックよろしくです。
ブログランキング

blogram投票ボタン