沈下橋 潜水橋 大城橋 大和川3奈良県北葛城郡河合町、奈良県生駒郡斑鳩町の町境にある沈下橋(潜水橋)の大城橋を訪れました。
幹線道路を避けて生活道路をポタリングしてました。
この辺りから普通、大和川の向こう側に渡るのには…。
25号線の昭和橋を利用、もしくは、
西名阪の法隆寺インター北、斑鳩大和高田線の御幸大橋のどちらかです。
沈下橋 潜水橋 大城橋 大和川1交通量の多い道路走るの嫌じゃのぅ。と思いながら携行してたポータブルナビの画面見たら、近くから大和川の向こう側に渡れそうな橋が…。
こんなとこに橋があったかな?。と思いながら行って見ました。

行ってみて

ビックリ

沈下橋です。
潜水橋、沈み橋とも言うようですね。
川の水位が上がったらこの橋は、水中に沈みます。

川面の上、1メートル位に橋が架かってます。
で、欄干が無い。
ビックリですわ。

沈下橋とは…。
架橋のコスト下げるために、橋脚を低く作る。
でも、橋脚を低くしたら増水した時、橋が水没し流される。
橋が流されないように、欄干OFFで橋を架ける。
(欄干があると、欄干に流木などが引っかかって橋ごと破壊され流される。
欄干が無ければ、橋が水没しても余計な物が引っかからずに橋が壊れない。)
という事です。

橋のたもとから大和川覗きこんだら、亀が河原で日向ぼっこしてましたよ。
亀の他に魚が泳いでるのも見えました。
大和川って日本一汚い川じゃったと記憶してたんじゃが、水も透き通っておってそんなに汚くもなかったですよ。
こんななら私が幼少のころ過ごした、**市の**川(伏字にしときます。)の方がもっと汚かった。
昭和40年から50年にかけての話じゃが…。
わしの住んでる町を流れてる**川。
どす黒いトロミのついた水が流れておった。
時々得体の知れない色のついた液体が流れてきた。
あっちから流れてきた黄色い液体ととこっちから流れてきた液体が川の真ん中で合わさってゴボゴボ.。o○って泡だって白い煙がモクモク出てたのを見たことがありますよ。

小学生の時の**川の噂、
『**川に落ちたら十秒以内に上がらないと死ぬ。』
ってのが有りました。

散歩をさせていた子犬が**川に落ちたんで助けようと川に入った子供が意識不明で入院してるって噂。
子犬は**川に落ちるなり『ギャイーーーン。』って悲鳴を上げて即死したと。

子供の頃、この噂、本気で信じてたもんなぁ。
www。

全然関係ない話になりましたね。

沈下橋 潜水橋 大城橋 大和川亀を眺めてたら、後方から車の排気音が?!。
おいおい、こんな橋、自動車は通れんじゃろう!。
なんて見てたら何でもない風に、スゥ〜って通っていきました。
こっちから見てたら怖い怖い!!。
橋の幅2メートルも無いんですよ!。
車の幅キチキチ。
欄干も無い橋、ハンドル切りそこなったらどうすんの?。
って見てたら今度は向こう側から自動車が…。

沈下橋 潜水橋 大城橋 大和川2次から次へと自動車、渡って行きました。
ナビには自動車が走行出来る道しか出んはずなんで、自動車で通っても問題無いと思うんじゃが。
こんな狭い橋、車で渡るなんてわしには絶対無理。
自転車で渡るのも怖かったですもん。

ではまた〜。

潜水橋を通行のクルマ、増水した川に流される レスポンス自動車ニュース
<調べてみたら事故も起こっているようですね。

参考にしたブログです。ありがとうございました。
大和川の潜水橋へ - 冬青(そよご)風

↓ブログランキングに参加中!
↓一日一回クリックしてくださいな♪
↓励みになりますので是非お願いします。
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
↓こちらも、よろしければ…。
↓一日一回クリックよろしくです。
ブログランキング

blogram投票ボタン