わしの所有してる自転車はこの車体だけ、左手で前ブレーキ操作するようになってる。
他に所有してる自転車と原付は右手で前ブレーキ操作するようになってます。
この自転車だけ操作が違うと危ないので、右手で前ブレーキ操作するように変えました。
ついでに以前購入の補助ブレーキも(やっと)取り付けました。
求夢洞自転車10 タイヤ(ケセラセラ)装着。←クリックしたら補助ブレーキ購入の記事が読めますよ。
01自転車バーテープ剥がす<まず、古いバーテープを全部剥がしました。
現状、左手で前ブレーキになってます。

02ブレーキ取り付け位置調節<ブレーキレバーの取り付け位置、少しだけ変えました。

03ブレーキケーブル外す<ブレーキ本体からケーブルを外しました。

04ブレーキケーブル抜く<ブレーキレバーのここからケーブルを抜きました。

05ブレーキ左右入れ替え<アウターケーブルを左右逆にしました。
これで右手で前ブレーキです。
もうすでに補助レバーも仮に取り付けてますね。
この状態で自転車に跨ってブレーキレバー本体と補助ブレーキレバーの取り付け位置を微調節します。
これで良し!となったら補助ブレーキの取り付けのネジを本締めしておきます。
今回の作業で一番難しそうなアウターケーブルを切断して補助ブレーキに取り付ける作業です。

06アウター切り工具<ブレーキのアウターは写真の専用工具を使うと後の作業が早いですよ。
普通のニッパーでもアウター切れますが、後で切り口を綺麗にヤスリがけしないと駄目です。
専用工具なら切った跡そのままでもほとんど問題無しです。
セロテープでブレーキのアウターケーブルをハンドルに沿わして貼り付けていきます。

07補助ブレーキ取り付け<補助ブレーキのアウターを受ける穴の深さを測ってピッタリの長さで切断したのですが補助ブレーキにケーブル通したら短かった!!。
ほんの2mmぐらい短かったんですが…、そのまま組んじゃう訳にもいかんし、かといって、新しいブレーキアウター買うのももったいないし…、で、補助ブレーキの取り付け位置をずらして誤魔化しました。
左は自分で測った長さより2mm長くアウター切断したら丁度いい長さでした!。
補助ブレーキの取り付け位置左右で少し違います。
まぁいいか!。

08試し乗り<ブレーキレバーの位置と角度問題ないか、バーテープ巻く前に試し乗り。
位置角度ともに問題なし。
メーカーサイトに補助ブレーキはスピードのコントロール用で…、なんて記載がありましたが、補助ブレーキだけでホイールロック直前までブレーキングできましたよ。
しまった!!。ブレーキのテストするんなら古いタイヤのまますれば良かった。
新しいタイヤなのに早速すり減らしてしまった!。


以前修理したスピードメーターも取り付けました。
ちゃんと作動しましたよ♪。
求夢洞自転車 9<クリックしたら以前のスピードメーター修理の記事が読めますよ。

09ブレーキ入れ替わり<ブレーキ左右入れ替わってます。
ブレーキレバーの位置も問題なかったので、これからバーテープ巻きます。

10バーテープ巻き開始<バーテープの端っこを斜めに切って。

11使わないテープ<ステムの所から一気にバーエンドまで巻いちゃうんでこのテープは使いません。
ステムから巻くとブレーキブラケットの手前を握ったときバーテープが捲れてきますよ、なんて方もいらっしゃいますが、わしはその辺あんまり握らないんで平気です。

12巻けました<巻けました。
左右で、少しバーテープの重なり具合が違うような気がします。
あと巻いてから気がついたんじゃが、ロゴの位置を左右で揃えれば良かったのぅ。
まぁ気にしない気にしない。

13こんな感じ<こんな感じ。
補助ブレーキレバーもあまり目立たない。
最近のバーテープ全部なのか、この商品だけなのか、バーテープ巻くのに、ギリギリの長さしか無かったです。
全部巻いたらほんの2センチほどしか余りませんでした。
昔はもっと余ってしまった気がします。

14試走<近所を軽く走って来ました。
ハンドルの上部を持って走っていて、対向車が目前で右折。
「危な!」って急ブレーキ掛けたんですが、折角取り付けた補助ブレーキ使わずに、ブレーキブラケットにハンドル握り直してブレーキ掛けてました。
補助ブレーキ取り付けた意味無いじゃん。
まぁ、乗ってるうちに慣れてくるでしょう。

↓ブログランキングに参加中!
↓一日一回クリックしてくださいな♪
↓励みになりますので是非お願いします。
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
↓こちらも、よろしければ…。
blogram投票ボタン
↓一日一回クリックよろしくです。
ブログランキング