一年以上ぶりに自転車のネタです。
自転車趣味再開しようと実家に自転車取りに行きました。
ある程度分解して輪行バッグに入れた状態で置いてました。
10年以上放置してあったのを取り出しました。

OLMOのフレームにパーツはシマノアルテグラ600。
ハブだけなぜかシマノ105。
イタリアと日本の混ぜ合わせですな。

1ホイール<ホイール。タイヤのカバーとタイヤのゴムが溶けてネバネバ状態。

このまま使用したら路面に吸い付くような超ハイグリップタイヤかも?。

2ペダル スプロケット<ペダル外したのは判るんですが、なぜかスプロケットまで取り外して収納してました。

スプロケット回しどこかに仕舞いこんでしまって見つからない。
取り合えずウォーターポンププライヤーで締め付けときました。

3ミカシマのマップステージ<予備の部品で取ってあったペダル。
ミカシマのマップステージ。
足をひねって(ツイストさせて)しかリリース出来ない、公道で使うのちょっと怖いペダル。
シマノのペダルを購入する前に使用してた物。
いつか使うかも?と思い取ってあったんじゃが…。
このペダルもう使う事無いじゃろうな。

4吉貝、ダイヤコンペ<使わなくなった部品。ブレーキと補助ブレーキ。
吉貝、ダイヤコンペ。
(補助ブレーキってドロップハンドルの上部握った時にブレーキ掛けれるようにするパーツです。)
これも新しいブレーキ購入し不要になった物。

5チェーンホイール<チェーンホイール。
坂道のぼり用にインナーの歯数少ないのが純正部品に無かったので、他社の部品を加工して流用。
取り付け穴の位置が違えてあります。
脚力の強い人がこんな危うい加工した物使ったら一発で壊れそう。
アマチュアでたいしたパワーは無いのでこんな無茶な加工した物で数千キロ走っても大丈夫でした。
(確か同じ加工したチェーンリング、加工が悪かったのか、ダンシングした瞬間に“ポテトチップス”みたくクニャと曲がってしまい1枚オシャカにしてます。)

6サイクルショップ セキヤ
<部品の箱の中に厚木市のサイクルショップ セキヤさんのレシートが入ってました。
何を買った時のじゃろうか?。

レシート日付欄に“65‐05.‐15”って印字されてます。
1965年てことはありえないので、昭和65年?=平成2年5月15日のことか?
19年前に何買ったか、なんて普通覚えとらんわな。

7車輪<車輪。
前輪、MICHELIN ハイライトロード供
後輪、三ツ星 トリムライン。
前輪後輪銘柄違うのは、走りの為。
……。
なんて、嘘嘘。
タイヤのトレッドが摩滅してきたら、新しいタイヤを一本だけ購入。
後輪の旧タイヤを廃棄。前輪に購入した新タイヤ装着、後輪に前輪から外した旧タイヤ装着。って具合にローテーションさせて使ってた為です。

何でそんなことするのか?、2輪乗る人ならお分かりになると思いますが…。
自転車でもオートバイでもカーブで前輪がズルッと滑ったら、なすすべも無く転倒です。
でも後輪ならズルズル滑っていても何とかなるもんです。
そんなわけで前輪に新しいタイヤ、後輪は使い古してなってるんですよ。
前後輪同時に交換すりゃ良いんじゃが…。
毎月1000キロ前後、走りこんでたのでタイヤ代も馬鹿にならんかったんですよ。
単にケチとも言う。W

タイヤの空気抜けてペチャンコになってました。
空気入れたらタイヤに太いところと細いところが…。
なんて言ったら良いのか、所々“蛇が卵飲んだ”みたいになってる。
チューブとタイヤ新しいの買わないといかんのじゃろうな。

これ組み立てて試し乗り…。
と思ったらシートピラーとサドルが無い!!。
おふくろに捨てられた?。
(車庫に置いてあったローラー台、振れ取り台、工具箱も無くなってた。
おふくろに聞いたら『あぁ、あのガラクタ。車買い換えた時に捨てた。』って。
とほほ…。
多分置いてあっても10年以上雨ざらしなんで使いもんにならんかったと思いますが…。)
サドルは外に置いてないはずなんで、あと有るとしたら、わしの引越しの荷物の中か?。
まあゆっくりさがしてみます。
自転車、本体、その他部品、持ち帰ってそのうちに乗れるようにしますわ。

8仕舞い込む前の状態<仕舞い込む前の状態。
多分1991年頃撮影した物。
汚いアパートの写真でごめんなさい。
室内に自転車置いてあるのって、自転車マニアじゃない人から見たら、靴のまま家の中歩いてる以上の違和感あると思います。
結構、自転車マニアって家の中に自転車持ち込んでる人多いんですよ。
でもオシャレなコンクリート打ちっぱなしの壁にフローリングのマンションなんかだと違和感ないかも知んないですが…。
畳と襖のアパートの室内に自転車がドンって置いてあるのってかなりミスマッチですよね。w
おまけに傘がなぜか2本も干してあるし…。w

自転車マニアじゃないと訳判らんレポートになってしまいましたね。
↓それでも面白かった思ったらクリックしてくださいな♪
↓励みになりますので是非お願いします。
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
↓こちらも、ついでに…。クリックよろしくです。
ブログランキング

続きを読む↓をクリックしたら用語解説が読めますよ。
自転車に興味の無いあなたも自転車の魅力に引き込まれるかも…。
用語解説
○ハブ…車輪の軸の事。
アルテグラ600とか105は部品のグレードの事。105は入門機。アルテグラはハイアマチュア用。その上のグレードは、デュラエース。
昔は、105とアルテグラの間にサンテっていうグレードもありました。
サンテはフランス語で健康って意味。
○スプロケット…後輪のチェーンと噛み合う歯車の事です。
○ミカシマのマップステージ…ペダルの種類。
スキーやる方はスキーのブーツとスキー板の関係をそのまま自転車用の靴とペダルに置き換えて考えていただければOK。
靴とペダルをガッチリと固定して効率的なペダリングが出来る。
(自転車用のビンディングペダルを最初に発売したのスキー用品ののLOOK社だったと思います。)
足をひねってしかリリース出来ないというのは、特定の方向に足をひねらないと靴とペダルが固定されたまま外れない事。
(最近のペダルは無理な力を加えるとペダルから靴が離れるようになっている。)
簡単にペダルと靴が外れないと公道で使うのは危ない。わしも一回踏み切りで電車の通過待ってる時に立ちごけしたことあります。
○立ちごけ…信号や踏み切りなどで自転車で停止した時に、そのままこけて(倒れて)しまう事。
靴とペダルが固定されてるので咄嗟に外せないとそうなる。
わしじゃぁないんじゃが、立ちごけしてペダルから靴が外れないんで靴を脱いで外してる人を見たことがある。w
○補助ブレーキ…ロードレーサーのグネグネ曲がったハンドルは、ドロップハンドルといいます。
ドロップハンドルの下の方を握ってたらブレーキ操作できますが、ハンドルの下を持つと前傾姿勢がきつく疲れる。そんな時にハンドルの上の方を持って走行するんじゃが、そうするとブレーキが掛けれない。そんな時に補助ブレーキを装着していればハンドルの上を握っていてもブレーキングできる。そういう装置です。
○チェーンホイール…ペダルに付いてる前の歯車のことね。歯車のギザギザ(歯といいます)が多いとスピードが出るが力が要る。逆に歯が少ないとスピードが出ない代わりに登り坂でも軽く走れる。そういうこと。
○ダンシング…立ち漕ぎのことね。
○振れ取り台…ホイール(車輪)の中心を正確に調節する道具。振れ取り台無くてもホイールの調節は出来ます。
○ローラー台…自転車を台の上に置いてトレーニングできるようにした装置。ルームランナーの自転車版といえば一番イメージが近いかと思います。
雨の日に自転車のトレーニングしたい時に使用。自転車で走行する時は前から風が当たって汗はほとんど出ないんですが、ローラー台使用すると無風状態で体だけ使うんで、10分足らずで汗だく、顔から汗がポタポタ落ちる状態になります。
室内で使うと、床に落ちた汗と、タイヤの削りカス(極小粒の黒い消しゴムの消しカス見たいな物)の掃除が大変。

独断と偏見で解説してますので、ちゃんと知りたい人は自分で調べてくださいね。