自転車の空気入れ修理。
自転車のタイヤに空気入れていたら、ポンプのハンドルが急に手ごたえ無くなって、空気、入らなくなってしまった。
早速、修理出来るかどうか分解してみました。
こういうパイプ状の部品を分解する時はパイプに傷つき防止と滑り止めの皮やゴムを巻きつけて、ウォータポンププライヤーという工具で回して分解するのですが……。
今回は滑り止めのイボイボのついた軍手で緩めてみました。

まず空気入れ本体パイプの上の部分の部品外してポンプの軸を抜き取りました。
軸の先に本来なら付いているはずの部品が無くなっておりました。
部品はたぶん空気入れの下の部分に落ちているのだろう。と考えこの部分を分解することに。
空気入れ下部を足で踏んで押さえて、空気入れ本体パイプを先ほどのイボイボのついた軍手で緩めました。
かなり力を入れないと外せないと思っていたのですが、肩すかしでした。
ほとんど力を入れないで、簡単に外れました。
ポンプの軸のネジが緩み先端のゴムが“脱臼”してポンプの底の部分に引っかかってました。
これなら復旧は簡単。
このゴムが外れてました<このゴムが外れてました。

ポンプの軸に外れたゴムを元通り嵌めて、分解の逆に組み立てればOKです。
これでOKなんですが空気入れの横についてる“高圧タンク”と言う部品がどういう構造になってるか分解してみました。
高圧タンク<この部分が高圧タンク

分解はイボイボ軍手でギュと回せば外れました。
最初、飾りで付いてるだけと違うん。など思ってましたが、ちゃんと鉄の玉を弁にした空気の逆流防止の装置が付いていました。
逆止弁
<写真の左下の部品(小さいベアリングの玉みたいなもの)で空気の逆流を止めている。

完成
あとグリースが真っ黒になっていたので、古いグリースをふき取り新しいグリースを塗って組み立てて完成です。


後日、また壊れて再修理しました。
↓クリックしたらその記事が読めます。
求夢洞:自転車の空気入れを再修理

↓ブログランキングに参加中!
↓一日一回クリックしてくださいな♪
↓励みになりますので是非お願いします。
ブログランキング
↓こちらも、一日一回クリックよろしくね。
>にほんブログ村 グルメブログ 愛知・名古屋食べ歩きへ
>にほんブログ村