九州ラーメン・六五六三国ヶ丘店を訪れました。
三国ヶ丘店ですが、他には店舗は無いです。

中央環状線沿いのお店です。駐車場は無しです。中央環状線渡って、300メートルほど西に行ったところ、向陵中町郵便局の隣にコイン駐車場があります。
三国ヶ丘コインP






三国ヶ丘駅から歩いても、10数分なので、電車で三国ヶ丘から歩きか、歩道に駐車できるバイクで訪れるのが良いと思います。
六五六看板




『あなたは当店の
チャンポンを
食べましたか』
ハイ、
おいしかったです!!。


暖簾は真新しかった。が、お店は“きちゃな”かったです。
 (当日は一人で行きましたが、 家内を連れて行っていたら『きちゃない。いやや〜。』と言ったと思います。)
でもチャンポンはとってもとってもおいしかったです。
店頭に大将のBMWのバイクが置いてありました。
六五六外観






11:30ごろ伺ったのですが、大将が厨房で野菜などを袋から出したりしていて、まだ準備中といった感じでした。
『もういける?』と尋ねたら、『やってるよー!』と快い返事が返ってきました。

店内はカウンター席のみ(8〜9席)。店内の壁にはバイクのポスターが沢山張ってありました。大将はバイクが好きなんだろうナ。
メニューは、チャンポン1種類のみです。

カウンター席の角、出入り口に近い、厨房とカウンター席の境目の天井からビニールが垂れ下がっている席は調理の炎が目の前で上がるのでご注意を。
お店が、すいていたら奥の方に座るのが良いでしょう。(調理の迫力を味わいたい方はここに座りましょう。)


豪快に炎を上げながら作っていただいたチャンポンは、少し平たい丼に大盛りで出てきます。
六五六チャンポン






麺は太めのストレート。具は、ラードで炒めた白菜、ちくわ、豚肉、モヤシ、ニンジン、ゲソなど。
トンコツ醤油味のスープに香辛料、コショウが入っています。机の上に薬味は無しです。

大将はほんとに良く喋る方でした。もっとお話したかったのですが、お客さんが次々に大勢、来店され大将、調理に忙しくなりあまりお話お聞きできなかったです。
『支払いは灰皿の下に1000円札、差し込むんでしたっけ?』と尋ねたら
『お客さんインターネット見てきてくれたん?』
インターネットでの情報が勝手に伝わってるみたいで…。とのこと。
灰皿に1000円札挟むのは、昔、堺東にお店があった時代、お昼時非常に忙しく、釣銭のやり取りする時間もないほど忙しい時に始まった支払方法だそうです。
その時代は、大量の100円硬貨をカウンターに準備して営業されていたそうです。
忙しくない時は、普通に支払って頂ければいいです。只、調理中は鍋から手が離せないので、調理していない時に支払って頂ければ…。とのことでした。
もちろん、灰皿に挟んで支払ってもOK。です。

お店データ
店名:九州ラーメン・六五六三国ヶ丘店
住所:大阪府堺市堺区向陵東町1丁2−18
電話:072−254−1378
  1978創業

営業時間と定休日詳しく聞けませんでした。
営業時間:11時頃?〜お昼すぎ 
     お昼過ぎから夕方まで休み
     夕方から営業。20:00前後にはもう閉まってます。
メニュー:チャンポン¥900

参考にしたブログです。ありがとうございました。
いぶきのつれづれ
堺市周辺ラーメン行脚
SUNNY.BBブログ
素人関西ラーメン紀行(デッド飲み推進会)
ラーメン&B級グルメと温泉まったり記
※データは訪問時のものです。
※掲載後に営業時間、メニュー、価格に変更が有るかも知れません。
※特に価格は、小麦、食用油などの値上がりのため上昇するかも知れません。
※ご注意下さい。
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ <他のラーメンブログを見られます。
にほんブログ村 グルメブログ 大阪食べ歩きへ <大阪の食べ歩きブログを見られます。
九州ラーメン 六五六