はじめラーメン
はじめ外観







場所は、非常に判り難いです。友人に、昼間に一度連れていってもらったのですが、住宅地の狭い道(すれ違い困難な場所もありました。)を入っていった所にあり、わし一人で夜間に訪れたらたどり着けなかったと思います。『30分ぐらい並ぶかも』と言われましたが、わしらが行った時は並ばずに済みました。
駐車場は店の前に5台ぐらいOKです。
店の第一印象は、『わっ!汚い!』です。テーブルの上や床、食洗機などはキレイにしてありましたが、厨房の壁などが油だらけでした。もっとキレイにしたら好感度アップするのに…。
壁に色々な張り紙がしてありました。『ふぐの調理師免許』『この道23年今年で40歳』『二層にわかれてます。下にスープ、上に香味油。良くかき混ぜて食べて下さい』『バターライス知的所有権』など。
はじめ塩ラー







メニューは塩ラーメンとカレーラーメン、バターライス、唐揚げのみです。
お水はセルフサービスです。入り口、入ってすぐ左に待合室がありました。元々、隣で別の店があった所を改装した感じです。暑い夏や寒い冬、屋外で行列を作らないでよいのはとても良いです。
塩ラーメン¥620をいただきました。
ラーメンの調理はご主人さんがされ、奥様がそのサポート(器の用意とか、唐揚など)をされていました。ご主人は、真剣な目つき(怖いぐらいでした)で、手際よく丁寧に調理されていました。奥様は、テキパキと素早く、無言で、アイコンタクトだけで、タイミングよく動かれており、わしのラーメンが出来るまで、その息の合った御仕事ぶりを感心しながら、眺めておりました。
調理するのを眺めていると、中華鍋で、具になる野菜を炒めて、ある程度、炒まったらその中華鍋に大鍋からスープを数回に分けて投入、加熱。茹であがった麺を器に入れ、中華鍋に出来上がっているスープを入れ始めた。と思ったら、スープの一部を床に捨ててしまわれました。『何やってるの?わしのラーメンのスープが減ってしまうやんけ。野菜の旨みが滲みだした美味そうなスープがぁぁぁ!』心の中で叫びながら、ビックリして見ていると、また中華鍋からスープを器にいれ、もう一回床にスープを捨てておられました。これは?アクを捨てている?油とスープの量の調節?。まぁ、おいしければどうでも良い事ですが…。最後に具の野菜と残っているスープを器に入れて完成。スープは丁度の良い量で、別段少なくはなっていませんでした。
スープは、塩ラーメンにしてはかなり『コッテリ』でコクがあります。以前、行った同じ塩ラーメンの龍旗信はあっさりしていましたが、ここのは、かなり濃淳です。麺は、縮れ麺。具は、野菜炒めみたいな感じで、ネギ、キャベツ、ニンジン、モヤシ、トウモロコシです。あとニンニクも入っていました。食べたら、元気が出てきそうなラーメンです。
机の上の薬味は、ゴマ、ラー油、辛子味噌、コショウです。
お会計のときに『あめ』をもらいました。

お店データ
店名:はじめラーメン
住所: 奈良県大和高田市日之出東本町17-29
電話番号:0745−24−3741
営業時間:18:30〜23:00(売り切れ次第終了です。)
定休日:月・火曜日 
席数:カウンター10席テーブル2席
メニュー:塩ラーメン¥620
バターライス¥660
唐揚げ¥400
   アルコール飲料は無しです。


投稿の内容は訪問時のものです。メニュー、営業時間など掲載後に変更があるかも知れませんのでご注意ください。

はじめラーメン ラーメン / 大和高田駅高田駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5