ETC箱と中身





  今、阪神高速道路が、先着3万人を対象に、“ETC車載器を無料でプレゼント”のキャンペーンを行っているので応募しました。
Web(アドレスは http://www.hanshin-exp.co.jp/drivers/etc/guide/2007-0621.html http://www.thruway.jp/ です)で応募して、1週間ほどで、申込書が送られてきます。記入して、必要な書類を同封し、返送しました。書類に不備があり、電話がありましたが、8日ほどで、ETC車載器が届きました。
  早速、自動車に取り付けました。ETC車載器の箱に、取り付けしてくれるお店の一覧表が同封されていましたが、取り付けるだけで4,000円から6,000円必要みたいなので、自分で取り付けることにしました。
  車載器の説明書に自分での取り付け方が記載されています。そんなに難しい作業ではなかったです。

ETC取付金具


  まず、取り付けプレートを両面テープで貼り付けます。わしは、ハンドルの右下に取り付けました。プレートにチョコレートみたいな切れ込みが入っていて、これは何のため?と疑問だったのですが実際に取り付ける時に、理由が分かりました。自動車の内装に平面の場所ってほとんど無いです。どこに取り付けようとしても曲面になっています。曲面にピッタリ密着させる為の切り込みだったんですね。取り付ける場所のカーブに合わせて指でギューっと押し曲げて密着させます。

ETC装着

次にアンテナをダッシュボードに両面テープで貼り付けます。両面テープを貼る場所はあらかじめ綺麗に拭いておきます。この時『アルコールストーブ』の為に購入したアルコールが役に立ちました。貼り付けたらピッタリくっつくまで丸一日おいておきます。汚れが残っていると後ではがれてきます。
 翌日、車載器本体をはめ込み、裏からネジ止めし、アンテナと電源のケーブルを接続しました。電源は、以前シガーソケットを増設したときの電線を枝分かれさせて取りました。最後にアースを車体の金属部分に接続し、完了です。

ETC配線


 わしは、自分で作業しましたが、電気の事に自身の無い方は、お店に依頼したほうがよいと思います。車両火災になったら大変ですから…。
  後は、ETCカードを差し込んで高速道路に…。なのですが、まだETCカードが手元に届いていませんので、ETC利用は、もう少し先までおあずけです